TEL

院長のひとり言10月号 | 大阪府堺市堺区大町西 三峰堂原野整骨院

Blog記事一覧 > 未分類の記事一覧

院長のひとり言10月号

2020.10.01 | Category: 未分類

大相撲9月場所は、正代の優勝で幕を閉じましたが、休場者の多い場所でした。

場所後、満場一致で大関に推挙され、大関となりました。

また、場所前に玉ノ井部屋に新コロナウィルスのクラスターが発生しました。

玉ノ井部屋の力士28人中24人に感染が確認され、9月場所中玉ノ井親方(元栃東)を

はじめ玉ノ井部屋の全力士が全休する事になりました。

幸いにも重症者はなく、軽症者や無症状が多かったとのことでした。

 

将棋の藤井2冠の王位戦の『封じ手』がオークションに出されました。

対戦相手だった木村一基王位(肩書は当時)が、九州豪雨被災地への救援金として発案したそうです。

14日正午から出品されたヤフオク!」では、20日最終的に、第2局が550万1000円、第3局200万1000円、

第4局1500万円となりました。藤井が初めて行った第2局、木村からタイトルを奪った第4局が特に人気と

なっているようです。

封じ手の額は10万円になれば高い方らしいのですが、ここまで金額が上がったのは、藤井2冠の存在が大きいのではないでしょうか?

収益金は、実費を差し引いた金額を「社会福祉法人 西日本新聞民生事業団」へ寄付され、7月の九州豪雨被災地への救援金として提供されるとのことです。

晴輝の空手

2020.09.25 | Category: 未分類

9月23日に孫の晴輝の空手を見学に行きました。

師範代と話をすることが出来ました。

師範代によると、「覚えがいい」とのことでした。

が、怒られると頭が真っ白になって、どうしていいのか

分からなくなることがあるとのことでした。

晴輝は気の弱いところがあるので、そうだと思います。

何かをきっかけにして自信がつけば、それも良くなる

だろうと思います。

練習中はまじめに先生の話を聞いていました。

また、師範代には、上達が早いとほめて頂きました。

10月28日には、師範が来られて、昇級試験が

あるそうです。

上級者は飛び級というのはないのですが、最初のうちは

飛び級できるらしく、師範代に、飛び級出来るように

頑張れと言われていました。

どうなることか分かりませんが、楽しみです。

 

院長のひとり言9月号

2020.09.07 | Category: 未分類

いつもは9月と言えば八朔祭りのふとん太鼓のことを話題にするのですが、今年は

コロナウィルス感染症のため、八朔祭りのふとん太鼓は中止になりました。

ふとん太鼓を担ぐとなれば、蜜が避けられないのは目に見えています。

 

いろんな業種の方々が、いろんな方法で蜜を避けるために自粛をしています。

コロナウィルス感染症の拡大を防止するために、ふとん太鼓を中止するのは当然の

ことだと思います。

 

ふとん太鼓は中止ですが、開口神社の神事は執り行われます。

 

さて、大相撲夏場所は、照ノ富士の優勝で幕を閉じましたが、白鵬・鶴竜の途中休場、

貴景勝のカド番脱出後の休場など、上位力士の負傷者の多い場所でした。

 

優勝した照ノ富士は、膝の負傷のために序二段にまで番付を下げ、そこから這い上がり

再入幕を果たし、幕尻での優勝には感動しました。

これから番付を上げ大関に返り咲いてほしいと思います。

 

朝乃山は、12勝で惜しくも優勝を逃しましたが、さらに上を目指して頑張って欲しいと

思います。

関脇の正代、御嶽海、小結の大栄翔は、11勝4敗で9月場所の活躍が楽しみです。

朝乃山が横綱に昇進するには、2場所連続優勝するかそれに準ずる成績が必要です。

 

また、正代と御嶽海が大関に昇進するには、直近3場所で33勝以上で10勝以上の

成績を残す事が必要だろうと思われます。

朝乃山、正代そして御嶽海に頑張ってほしいと思います。

もちろん、他の力士も頑張って欲しいと思っています。

 

藤井聡太棋聖が木村一基王位に挑戦し、7番勝負で3連勝し王位戦に王手をかけました。

そして、第4局を藤井棋聖が勝利し、最年少2冠保持と8段昇段の記録を更新しました。

将棋界に新しいスーパースターが誕生しました。

藤井棋聖・王位はこれからタイトルをいくつ奪取するのでしょうか? 楽しみです。